毎週日曜日定休

益田ギャラリー

昭和5年創業の益田屋ならではの目利きで、選び抜かれた御茶道具の展示会を開催いたします。月ごとに展示は変わります。併設の御茶室「佳芳庵」で、添釜などの催し物もございます。ぜひお気軽にお立ち寄りください。

土田友湖・宮崎寒雉 展示会

創業80周年を記念し、土田友湖先生・宮崎寒雉両先生の展示会を開催いたしました。
会期:平成21年 9月3日(木)~9月22日(木) ※終了いたしました
【写真】数奇屋袋 遠州緞子・花唐草紹巴、男帯 隅入菱菊文緞子
数奇屋袋 遠州緞子
数奇屋袋花唐草紹巴
男帯 隅入菱菊文緞子
【写真】鵬雲斎大宗匠御好 遠山釜
鵬雲斎大宗匠御好 遠山釜
【写真】数奇屋袋 遠州緞子・花唐草紹巴、男帯 隅入菱菊文緞子
篭目富貴紹巴古服紗
坐忘斎家元御好 松蔓紹巴古服紗
而明斎宗匠御好 好日緞子出服紗
而明斎宗匠御好 翠松紹巴出服紗
【写真】鵬雲斎大宗匠御好 遠山釜
鵬雲斎大宗匠御好 銅金箪瓢建水
鵬雲斎大宗匠御好 銀杏蓋置
十二代(当代)
土田友湖 先生
土田家十一代土田半四郎氏の次男。昭和四十年に十二代目を継承する。
千家十職。
寛保四年に現在の地に居を移し、脈々と現在に伝える。
十四代(当代)
宮崎寒雉 先生
平成六年に十四代目を継承する。
仙叟宗室宗匠が加賀前田家に出仕していた時代、加賀の地で育てたのが初代宮崎寒雉であった。初代寒雉作綱紀公好みの塩屋釜は有名である。
その後、その地にて現在に至る長きにわたり、今に伝える。その趣のある、釜肌は深く、どっしりとした色は新しき物、古き物を全てを融合させる魅力を持っている。
講演会
この度、土田友湖先生・宮崎寒雉先生の講演会を下記にて開催いたしました。
貴重な話の数々を拝聴できました。
平成21年9月 5日(土)午後2時より 宮崎寒雉先生 ※終了いたしました
平成21年9月11日(金)午後2時より 土田友湖先生 ※終了いたしました
添釜 ご案内
11時から4時まで
9月 3日(木) 表千家不白流 金子宗瑛先生
9月 4日(金) 表千家 清水宗幸先生
9月 5日(土) 表千家 不白流 清風会 刈田宗明先生
9月 6日(日) 表千家 島田宗映 先生
9月11日(金) 裏千家 秋山宗和 先生
9月13日(日) 裏千家 正川宗宏 先生
9月14日(月) 表千家 高井宗微先生
※終了いたしました
▲ページの先頭へ