毎週日曜日定休

益田ギャラリー

昭和5年創業の益田屋ならではの目利きで、選び抜かれた御茶道具の展示会を開催いたします。月ごとに展示は変わります。併設の御茶室「佳芳庵」で、添釜などの催し物もございます。ぜひお気軽にお立ち寄りください。
益田屋文化講座 イメージ画像
茶の湯とは本来お茶会=お茶事をすることでした。しかし、その方法は利休の頃と現在とではかなり変化しています。
この講座では、なぜ変わったのか、どう変わったのかを具体的にお話しします。
その歴史をたどっていくと、今のお茶事の点前と作法の意味がよくわかっていただけると思います。
講師 神津朝夫先生
1953年東京生れ 茶書研究会副会長 日本文化史・茶道史を専攻
早稲田大学大学院・帝塚山大学大学院修了 博士(学術)
《著書》・『千利休の「わび」とはなにか』『茶の湯の歴史』(共に角川選書)・『山上宗ニ記入門』(角川学芸出版)・『茶の湯と日本文化』(淡交社)・共著『新版茶道大辞典』『茶道学大系第二巻 茶道の歴史』(淡交社)
講座内容
第1回 初座の飾りと席入  平成25年 9月12日(木)
第2回 炭手前       平成25年11月14日(木)
第3回 料理と菓子     平成26年 1月 9日(木)
第4回 中立と後座への案内 平成26年 3月13日(木)
第5回 濃茶・後炭     平成26年 5月 8日(木)
第6回 薄茶・退出     平成26年 7月10日(木)
(奇数月第二木曜日) ※終了いたしました
時間
13:30~15:00(奇数月第二木曜日)
受講料
●1回:3,000円
ご予約にて、特製弁当(2,500円)を御用意いたしております。御申し込みの際どうぞ、お申し付けください。
▲ページの先頭へ